ぴあのだいすき☆40代ピアノ再開

普通のお母さんが30年ぶりに再開したピアノを楽しんでいます。いつかショパンが弾ける日を夢見て。

目標は1ヶ月で1曲‼️

ハノン&ツェルニー&ソナチネアルバムのレッスンペースは月2の1回30分です。

 

⭐️ハノンは移調はなし。基本形とリズム変奏4種類。これを1ヶ月毎日弾く。筋トレみたいなものだから合格というのはない。

 

⭐️ツェルニー30は1ヶ月に1曲進めたいという目標を立ている。10番まではこの調子でいきたいので、時間がある時に2曲先まで片手練習をしておく。片手というより、左手のみ。左手弾きながら右手は歌っておく。こうするといざ右手を弾いた時にすんなり入る気がする。

 

今日のレッスンでツェルニー30-5番合格✨

 

⭐️ソナチネアルバムは4〜5曲学びたい。全楽章弾くと3ヶ月はかかる。

今の9番クレメンティは第1楽章はまとまってきたという勝手な判断で、2楽章と3楽章に進もうと譜読みをしていきました。

 

レッスンで先生にそれを伝えると、それならせっかくだから第1楽章も聴かせて!と言われ、

まさかの、通して弾くことになってしまった😅

 

ソナチネは小さなソナタ。9番は全楽章通しても4ページだけなんだ。

 

第2楽章。曲として雰囲気は綺麗に弾けてる。しかし、付点のリズムも甘いし、弾いてない音があることが判明。次への課題。

 

第3楽章。譜読みだからゆっくりと確実に。と思ったが、またもや弾いてない音あり💦譜読みが甘すぎる。

次への課題はfzのとこと、場面が変わるところを歌ったり。(でた!歌うという音楽用語。この場合は声を出して歌うのではなく、ピアノを歌うという意味)

 

全楽章通して弾けたら満足感UPするし、絶対に勉強になるって思うから頑張ります😆

レッスン〜あの頃の情熱を思い出す

ピアノのレッスンに行きました。

吉松隆さんの「緑のワルツ」

 

レッスンには吉松さんの楽譜が閉じないようにおさえるためだけにその辺にある楽譜を持って行く。

いつもはメンデルスゾーン なんだけど、今日は出してみたらシューベルトだった‼️

その辺に鑑賞用の色んな楽譜があるから整理しなくちゃ😅

 

夢に溢れていた独学時代。

来る日も来る日も即興曲2番の譜読みに明け暮れていた時期があり、根性で最後まで譜読みしたんだっけ。

まだ色んな意味で未知で無知だったのもあるが、絶対に弾けるって信じてた。人間の年齢でいうなら長男と同じ。15歳だ‼️

自分のことがわかっているようだけど、未知数な自分に夢抱く✨

 

そんな情熱、今は薄れているな。

 

シューベルト即興曲2番、絶対弾きたい!って思っていた気持ちどこへ行っちゃったんだろう〜。

 

2年前に体験レッスンの時、弾きたい曲が4曲あると先生に伝えた。

ドビュッシー アラベスク

ショパン ノクターン2番 ワルツ7番

そして4曲目がシューベルト即興曲2番 だったんだ💦

 

シューベルト。おさえる楽譜なんかとして使っちゃだめ。弾かないとね😊忘れてた情熱を思い出した出来事。

f:id:Mmee:20200215091206j:image

受験生の背中 Part2

私立高校の受験日。

 

お弁当作って、母の愛を込めてキットカットも内緒で忍ばせた😊キャラ弁にして笑わせてやろうかと思ったが、これはやめておいた。

 

近隣の学校だから徒歩で行く。

お父さんが大通りの信号まで送る。住宅街を真っ直ぐ100メートル。

ふたりの後ろ姿を見送った。

うわぁ。145センチで中学に入学した長男の背丈は175センチのお父さんといい勝負だ。

後ろから眺めるあの100メートルの時間、なんだか涙が出そうになったよ。涙には色んな種類があるね。お母さんになってそれを知った。

ふたりは何話していたのでしょうね。

信号で長男を見送ったお父さんは帰宅して、

「あいつ振り向きもせずに行った」と言っていたから、きっと彼もずっと長男の背中を見ていたのだろう😊

 

15の長男が色々な選択肢の中から自ら選んだ進路選択は、一番大変な方の道かもしれません。

それなのに、なぜだか、楽しそうに受験生を満喫している様子。

 

帰宅して、

「英語が壊滅的にやばい」と言っていたけど、よくよく話を聞くと、それはリスニングの説明の読むのすっとばしたよね。英語以前に、日本語の問題だから😅

 

合格発表は当日の22時。ネット発表。そんな時代なんですね。東京は色々とせっかちだよ。

 

合格🌸

 

制服のブレザーのぽっけの中に大切そうに入っている缶バッチ。一緒に闘ってきた塾の仲間の寄せ書きに心が温かくなる。

 

今日の受験校はその仲間たちがライバル。倍率10倍。

いざ出陣‼️

必勝アイテムはぽっけの缶バッジとブドウ糖タブレット(ラムネ)

 

自分らしく思いっきり闘っておいで〜😊

モチベーションキープに必要なもの

趣味のピアノに関して自分の性格からくる悩み事がふたつあるのですが、

そのひとつは「モチベーションのキープが難しいこと」

 

1曲を長いこと(半年以上)レッスンすると、

やっぱりわたしには弾けない曲だということがわかったよ、という最悪な結末を迎えてしまうことがあり、苦しくなることがあります。

 

逆に、ずっとずっと弾きたいと思う曲もあって☺️

 

その違いはなんだろうと分析した結果。

 

未完成であること

未来の自分への余韻

 

少し前にレッスンしていた、メンデルスゾーン の二重唱やブルグミュラーのゴンドラは、

これ以上レッスンしてたらこの曲嫌いになっちゃうよと思い、レッスンを終わらせた曲。

 

お陰で⁉️

この2曲はほどよく未完成で余韻があり、今でもよく弾く大好きな曲。ずっと弾きたいし、またいつかレッスン受けたい、って思う。

 

わたしが発表会に出られないのは、

ひとつは悪魔問題

もうひとつはモチベーションキープ問題

 

やっぱり発表会となると、これでもかと突きつめて弾きこんでいかなければならないだろうから、

気持ちの歪んだわたしの場合

当日は、この曲全然弾けない〜💔今日でこの曲とはさよならできる、とか思ってしまうのかな。そんな曲になるくらいなら、発表会なんてさみしい…

 

みんなどんな心境で発表会を迎えるんだろう😌

 

色々と考えながら発表会の曲を選ぶというシュチュエーションで妄想に耽る日曜日。

そして、なぜか最近ハマりまくっている

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」

f:id:Mmee:20200209124441j:image

簡単アレンジだけど雰囲気を味わうにはちょうどいい楽譜✨✨大人ピアノの発表会だとこんな曲もありかもなぁ。なんてまた妄想🎵

都立高校願書提出⭐️

仕事から帰宅し、無事に願書を提出できたか確認すると、

 

「まじ全力で頑張った。息切れしたけど、周りの奴らには勝てたわー」と、またもや意味不明報告。

 

どうやら、同じ電車から降りた15人くらいの集団で1列になって歩きはじめたのだけど、

住宅街に入ったらその中の誰かが小走りになり、みんな負けてられない!!みたいな雰囲気でわりと本気の全力マラソン大会になったらしい😅

集団後方の長男、運動部魂に火がつき…

後方から追い上げ集団1位で正門にゴール🥅

したらしい。

 

男女15人で全力マラソン願書提出‼️

 

受験番号が近いから必然的に帰りも一緒に帰ることになり、歩きながらお話した。

話の内容は、

 

おまえ内申いくつだよ。

45。(45が最高)

盛るなよ。

おまえも盛るなよ。

盛りすぎだろ。

笑笑

 

おい😅

 

長男は中学1年の時からここに通うって言ってて(地元だからとても身近な存在の学校)

夏前に「頑張れば目指せる学校だよ」と言われて、

本当に願書提出した。

有言実行だ‼️見習いたいものです。

 

ずっと前から通うと決めていた地元の都立

憧れのキラキラした挑戦校

実力相応のご近所さん私立高校

 

4月にはどこの学校の高校生になるのかなぁ😊わたしも自分が高校生になるみたいに、自転車やお弁当箱を選んだり、高校生男子弁当のblogを読ませていただいたり、新生活がとっても楽しみです🌸

 

おしゃべりな受験生の長男の息抜きは甘いもの食べながらおはなしする事!

わたしは毎日1時間、彼のトークに付き合う。その時間のためのスイーツを考える。今日は何にしようかなぁ🎵

 

これから久しぶりにピアノサークルに行ってきます。バッハとジブリと緑のワルツ弾く予定✨

まさかの…ゆっくり弾けない曲

新しい先生に習い始めて4ヶ月目。ソナチネアルバムは2曲目に入った。

⭐️ソナチネ アルバム9番 クレメンティソナチネop36-3

あまりピンとくる曲ではなかったけど、3回目のレッスンになる今日、先生に

「とってもよく弾けてますよ」と言われて、思わず拍手した。自画自賛😊

技術的なところは合格。あとはさらに仕上げていくとしたら呼吸や歌うところ。

 

「歌う」というピアノ用語

ピアノの先生は当然のように使うけど、大人ピアノ初級者はあまりわかってません💦

スケールの最後の方歌って〜🎵古典ではどうやらこれはテンポを変えずに大切に弾くとか意識して弾くってことらしい。

 

「呼吸」というピアノ用語

これもよく聞く。どうやら実際に呼吸するらしい。実はわたしは手にパワーをためることと思っていた。はい。ドラゴンボール大好きです😅大人ピアノ恐るべし。

無意識にみんながやっている、弾きはじめるときに、頭でカウントしてよし!みたいな感じ。

 

これらが大人から初級ピアノのわたしの解釈。合っているかは不明。感覚的なものだと思うし、自然にこの感覚が身についている先生方が言葉で説明するのは難しいのだろうな。

 

第一楽章は

スケールを歌うとか呼吸とか意識して練習して、もう1回レッスンで見ていただきたいと思います。

 

⭐️ツェルニー30は5番

これがビックリ‼️早く弾けるけどゆっくり弾けないことが判明しました。

左手と右手がちゃんと合わないこの部分。

f:id:Mmee:20200204152233j:image

ゆっくり弾いたら装飾音符っぽくなってしまってて、違うよーと。

やっぱりゆっくり練習してリズムや音が確実に弾けてからテンポを上げた方がいい。課題は、まさかの…ゆっくり弾けるようにすること。

 

大人のピアノは大曲に1曲集中型が多いような気がしますが、わたしみたいに飽きっぽくて1曲に集中すると弾けなくて苦しくなる人は、並行型なのかもしれません。

 

今のレッスンはハノン、ツェルニーソナチネアルバムと自由曲2曲です。

そのほかにも普段はアンジェラアキさんの手紙や、バッハの主よ人の望みの喜びよのアレンジを弾いたりしてて、

 

とってもピアノが楽しい😊✨✨って思えています。

先生から出された絶対条件

1/30レッスンの記録から🎵

自由曲は2曲

吉松隆さんの3つのワルツより「緑のワルツ」

バッハのシンフォニア11番

 

緑のワルツ

譜読みは自分でできた✨ペダルの入れ方を先生と研究。1小節踏みっぱなしにすると音が濁るから、3拍目の弾き方を工夫する。

 

バッハのシンフォニア11番

半ページ両手で弾いたら、よく頑張ったねーと褒められた😊シンフォニアは3声。2声で3曲分練習しなくてはならないけど、どの組み合わせも素敵だから1曲で3倍得した気分。早く仕上がらなくてもいいから大切に弾こう。

全然弾けてないけど、シンフォニア11番を弾いている時、涙が出そう。

 

先生の音楽教室で6月に発表会をやることが決まり、わたしは自宅の生徒だけど声をかけていただいた。音楽教室の生徒ではないけど出れるのか…そこをもう一度確認していただいて、

 

もし大丈夫なら、今年は出てみようかな😊

 

先生から、もし出るなら…絶対条件。

 

・自分の好きな曲を弾くこと。

・楽しめること。

 

わたしはわかりやすいほど気持ちがすぐにピアノに出る💦気持ちに左右されないようにしてるけど、仕方ない。

ピアノを弾いている時の自分が一番素の自分だと思うから。

弾きたい曲じゃないと弾けない人。我ながらわがままだな。

それを先生はお見通しですね。

 

長男くんの受験が続く。1月の挑戦校はすべてを出し切っての納得の残念な結果…本人はやり切りたいらしく、2月にもう一度挑戦✨人気校だから10倍だよ?守りに入らないってすごい。

都立の勉強は10日で調整して仕上げて勝負って。理社はどーするんだよ!

言いたいことはたくさんありますが、15歳の夢やパワーにワクワクしてる😊

彼の挑戦を引き続き見守るため、

 

2月もピアノレッスンは月2でお願いしてきました。