ぴあのだいすき☆40代ピアノ再開

普通のお母さんが30年ぶりに再開したピアノを楽しんでいます。いつかショパンが弾ける日を夢見て。

2台のグランドピアノ

ついに始動しました😆

ショパン ワルツ7番

7番っていうのは作品の名前ではなくてワルツ集の中での番号

 

ワルツ嬰ハ短調 Op64-2

これが作品番号かな?

f:id:Mmee:20200707144426j:image

 

嬰ハ短調ショパンの幻想即興曲ベートーヴェンの月光と同じ調。ショパンノクターン20番の遺作も同じだね。

雰囲気は大人パッション系?感じ方は人それぞれ。わたしには憧れの大人〜な調。

 

楽譜もレッスンで先生に習う用に、新調しました。今までは全音のワルツ集を使用していたので、違和感のないように全音ピース。版によって解釈や見やすさが違うから色々と見比べてみれと楽しい。

割高なピースにしたのは、大切にしたい1曲だから😌

 

長年適当に自己流で弾いてきた曲を改めてきちんとレッスンを受けるにあたり、準備したこと。

 

自己流のベタ踏みペダルを全部外す。

丁寧に音やスラーのかかり方を確認。

 

このくらいしか自分ではできないな💦

 

ペダルを踏みっぱなしだといい加減になってしまっていたことを改めて痛感。

長年間違えた音を弾いていたところも発見。

 

レッスンではペダル抜きで3ページ、音の確認していただきました。

全部で6ページ。形式はABCBAB

だから3ページ音を見れたら6ページ弾ける曲。繰り返しが多い。 それはつまり、弾きわける技術が問われる、弾きわける楽しさがある、ということ。難しいと思います。

 

・音ミスさらに数ヶ所発見!

・まさかの、メロディーライン間違えていたとこあった!

 

レッスン室には2台のグランドピアノがある。今まではカバーがかかったままだった。

今日、初めて2台のピアノで教わって、感動した✨✨先生が隣のグランドピアノで弾いてくれた演奏が素敵すぎて度肝を抜かれた。どうやったらあんな風に音が出せて、立体的に音楽を作れるのだろう。楽譜同じだよね?(当たり前😅)

譜読みができた。最後まで弾けた。その先のこと、教わりたい。

 

3時間くらいレッスン受けたい。

(先生、迷惑…😅)

 

レッスンってこんなに楽しいんだね。

もっともっとピアノが好きになる。

大人ピアノ ハノン9ヶ月

昨秋、新しい先生の元でハノンという指の練習の教本を始めました。

ほぼ毎日弾いてます。1回だけの時もあるけど。

最近、左手が弾きやすいな、と感じるのはやっとハノンの効果が出てきたのかもしれません。

継続は力なり。コツコツと。ですね😊✨

 

先週のレッスン記録

・ハノン6番 変奏3種類

今日は前回よりピアノの音がしっかり出てますね〜って。

レッスンではまずハノン。普通テンポ→変奏3種類→早めのテンポ。同じ番号をノンストップでリピート5回弾き続けます。

 

ツェルニー30-8番 

f:id:Mmee:20200702063942j:image

テンポはギリギリ2拍子になる範囲。ツェルニーは指定テンポで練習しないと意味がない論もありますが、1周目なのでテンポは指定の6〜7割。

ブルグミュラー18に似てるのあったよな〜。これ!!

f:id:Mmee:20200702064247j:image

キラキラでペダルが入って綺麗な曲です。

 

次の9番も片手。どうしても力が入ってしまう音、どうやって弾いたらいいか教わった。

私と先生と手の大きさ、指の太さ、爪の感じが似てる。だから、練習すればできる!みたいなことは言われないから安心する。フィジカルの問題は千本ノック練習では解決しないからね。工夫が必要。アドバイスがありがたいです。

 

ソナチネアルバム9番 第3楽章

ノーミスで弾いて合格したかったけど、1ヶ所間違えたー💦そこは、自宅でも成功率は7割だったから、やっぱり先生の前だと間違えちゃうよね。弾いてて楽しかったし、第3楽章ぽく弾けたと思う。自己満足。

 

この後、秋の弾きあい会の選曲の話になり、ひとり2曲。1曲は念願のショパンワルツ。もう1曲悩み中。譜読みから3ヶ月で弾ける曲。

 

次回は

ハノン7番 変奏3パターン

ツェルニー30-9番

ソナチネアルバムはお休み

ショパンのワルツ7番

 

※自由曲のレッスンはしばらくお休みすることにしました。

ピアノときもちとブログ

バッハのシンフォニア11番。

思いがけずグランドピアノでの演奏(お友達宅でのピアノ弾きあい会)の機会に恵まれ、弾くことができました✨

そろそろ終わりにしようと思っていたから、この日みんなに聞いていただけて良かったです。

発表会は苦手だけど、こんなサロン風の弾きあい会は大好き❤

 

一緒に弾いた中に、同じ曲を2年くらいレッスンされている方がいました。そんな話を聞くと

、先生からわたしは飽きっぽいと言われているのは本当なんだ、と改めて感じる。

 

レッスンの事で改めて考えさせられました。

 

前回と同じことを注意される

注意というよりは指導

 

前回、同じように教わったんだけどなぁ、と思いながら先生の話聞いてレッスンの時間が終わってしまうこと。結構、多い。

 

わたしは、そんなレッスンだと本当に悲しくなるんだ。何のためにレッスンに行ったんだろう、って思う。

 

プラスの事を教わりたくて、教わったこと練習してるんだけどなぁ

 

練習してもできてないから、同じことばっかり教わっても、どうしたらいいかわからない。

 

結局、練習しても弾けない曲なんだよね。

 

また弾けない曲が増えてしまう。

 

そんな気持ちになる。

 

2年かけて1曲のレッスンは精神的に無理だ。一旦仕上げて寝かして、2年後にもう一度レッスンする、って言うのが理想的✨

 

楽しさの基準

幸せの基準

色んな基準

 

人それぞれだから、自分の気持ちに素直に寄り添うことが大切😌

 

わたしが今ソナチネアルバムをレッスンで見てもらってて、とっても楽しい!!って言ったら、複数の方にびっくりされました😅

 

ピアノライフを自分らしく輝かせるのが理想です。

他人と比較したり外野の声が強く響いて自分の気持ちに素直になれないのは苦しい。

等身大の自分を、自分のピアノを好きになりたい。

今は少し精神的に成長したかと思います。

 

ブログはピアノを習いはじめて1年後に始めた。ブログ歴は1年7ヶ月。格好つけたりもせず、無理もせず、苦しい嬉しい楽しい、素直な気持ちをそのまま綴っている。

誰かの何かのために役に立つ内容ではないのに、読んでくださる方がいること、音楽愛を感じる励ましや共感のコメントをいただだいたりして、とっても心が温かくなっています。

✨✨いつもどうもありがとうございます✨✨

 

最終回の挨拶のようになりましたが、

 

大人になって頑張って何かを一生懸命に取り組むこと、心の葛藤、喜び、憧れ、、、

 

これからも書いていきたいです😊

 

ひとつめの夢を叶えるために

ついにピアノの先生に伝えました。

 

30年前に恋に落ち、ずっと譜読みしてきたけれど手が届かなかった初恋の憧れの曲。

 

ショパン「ワルツ7番」✨✨

 

2020年秋に弾きます♫

 

ついに初恋の人に会える。

嬉しくて嬉しくて、嬉しすぎる😊✨✨

語彙力のなさが憎い。

 

少し切ない話になってしまうのですが、

電子ピアノ独学時代、ピアノ友達さん達と一緒にピアノを弾いた時に、色々と言われちゃったのもこの曲で、それ以来、この曲弾こうとすると過呼吸になり弾けなかった。

 

ショパンワルツ7番は、

いつか乗り越えないといけないピアノに対する自己肯定感の低さの原点であるといえます。

 

まずは弾きたいと伝えられた事で1歩前進。

次は2020年の今のわたしが弾くこと。

次の目標は秋の大人ピアノのひきあい会で弾くこと。

 

最終目標は、おばあちゃんになってもずっとこの曲を弾くこと。生涯に渡ってその時の自分の完成形を求めていくこと。

 

ピアノやめないでよかった。

 

頑張ってきてよかった😌

 

いくつになっても、

夢って追い求めるためにあるんだね🌟

 

ショパンワルツ7番、音は全部読めてるけど(なにせ譜読み歴だけは長い💦)

弾き方やペダルの入れ方や曲の作り方や、ずっとわからなかったこと、色んなこと教わりたいです。頑張ります。

気持ちがタイムスリップする曲

2日前に書いた記事は、自分が不安定すぎるので消してしまいました。

ざっくりと要約すると、

「楽しくピアノ弾きたいよ〜」と悩む内容でした😊読んでくださった方、ありがとうございました。

 

思いがけずリストの「ラ・カンパネラ」の楽譜を手にして、たどたどしくも音を出して思いがけず感激したわたし。

 

同時に蘇った懐かしい「夢と希望」✨✨✨

 

ピアノを弾き始めた当初は、

愛の夢第3番」を2020年東京五輪の年に弾こうとしていたんだ。

 

今年だね。

 

あっという間に6年が経過した。

4歳&9歳だった息子たちは、10歳&15歳になっていた。こうして、また5年、10年、あっという間に経過していくのだろう。

 

そんな事考えながら、とても久しぶりに「愛の夢第3番」を聴いていたら、

当時の可愛い息子たちとの生活や、ピアノへの夢や希望を思い出して泣けてきた。

心がきゅーっとした。

 

この曲を聴くとその時代に気持ちがタイムスリップ感覚。ありませんか?

わたしの場合、JPOPだとMr.Children。あの声、イントロ聞いただけで一瞬で気持ちが10代になって、もう楽しいことしか思い出せない。キラキラしすぎて苦しくなるくらい。青春。

 

愛の夢第3番」も、知らないうちにわたしにとってはそんな1曲になっていたみたい。

 

下の子が幼稚園生になり、つかの間の自分時間が10年ぶりにできて、思い切って電子ピアノを購入した事。

付属してた楽譜に、夢と憧れの詰まった名曲がたくさん入っていて、ドキドキした。ワクワクした。こういう曲、弾いてみたいって思ったこと。

 

幻想即興曲

愛の夢第3番

別れの曲

 

当時はこれらがどれだけ難しい曲かなんて知らなかったんだ。ただ希望に満ち溢れていた。

 

色々なことがあり、ピアノに関しては自己肯定感の低めな今に至り、こんなにも難しい曲は弾ける日が来ないこともうっすらと気がついてしまっていた。

 

でもね、

 

夢や希望のようにキラキラしたもの、いくつになっても持ち続けたい。

それがどんなに無謀かわかっていても、キラキラしたものを手に入れたくて、近づきたくて、頑張る姿って、本当に素敵だから✨✨

 

大人のピアノって、上達の道が子どもとは違うから、感覚的なものが難しかったりする。頭でわかってもできない。

 

だから、大人のピアノって、みんなとっても努力してるんだ。それを知っているから、わたしは大人のピアノ演奏が大好きなのです😊✨✨

 

目標を立てる。宣言する‼️

初恋の「ショパンワルツ7番」に追加。

憧れの「愛の夢第3番」

 

大きな夢はあったほうがいい。

決めた。わたしは将来、「愛の夢第3番」を弾く。弾きたいではなく、弾く🌟

遊びの正体は

超難易度高いよ。リスト様の「ラ・カンパネラ」✨✨✨

 

リストって言ったらイケメン。

超絶技巧。そんなイメージ。

 

有名なところでは

愛の夢第3番

趣味の大人ピアノさん達が憧れる名曲ですよね〜✨✨

 

何を隠そう、電子ピアノを購入したばかりの夢と希望とやる気に満ち溢れていたあの頃、6年前くらいかしら。

当時の目標は

「2020東京五輪の年に、愛の夢第3番を弾く!!」

だったのですよ☺️

 

6月から通常勤務になり、久しぶりにお会いする職場の方と「自宅待機中何やってた?」という会話。

その方、あの有名な漁師のカンパネラおじさんのピアノ演奏に魅了され、カンパネラを練習していたそう。楽譜持ってきた!コピーしてあげるよ!っていう話になり、

カンパネラの楽譜のコピー。1ページだけ。 

初めて楽譜見た。これは楽譜見るとエチュードだ。パガニーニ大練習曲だもん。練習要素満載。

 

楽譜見ながら弾ける気しないから最初から暗譜作戦。1ページ暗譜しましたよ😊

超絶ゆっくり、子守唄のようなカンパネラ。

 

こんなに超有名で超絶技巧の曲、自分が音出せるなんて思ってなかったから(超絶ゆっくりなんだけども)ちょっと感動✨

 

ずっと出だしはミ♭って思ってたんです。楽譜見たらレ♯でビックリ‼️音は同じなんですよ。すぐに慣れたけどびっくりな出来事でした。

f:id:Mmee:20200611180443j:image

 

こんな大曲は、10人くらいでみんなでちょっとずつリレー形式で1曲弾いても楽しそうですね。完成度を求めるのはではなく、お楽しみ会的な感じで気楽に🎵

何年かかるのだろう?

ソナチネ&ツェルニーのレッスンも復活です。3ヶ月ぶり。

 

ハノン5番 変奏と普通と早いバージョン

ツェルニー30-7番 合格

ツェルニー30-8番 次回テンポ上げて仕上げ

ソナチネアルバム9番の第3楽章

f:id:Mmee:20200609125933j:image

 

ソナチネアルバムってレッスンがないと弾かなくなっちゃうものですね💦正直、飽きるんです😅楽譜が難しくて弾けないっていうのはないから、音符弾けたら自分の中で終わりになってしまう。

せっかくずっと練習してきたこの第3楽章、この1ヶ月ほぼ弾かなかったら弾けなくなってました…

次の曲に行きたかったけどまたやり直し。仕方ない。頑張ろうー。

 

ソナチネアルバムは1番に3ヶ月→9番に6ヶ月

 

あと、先生から5番、8番は弾いておきたいと言われていて、わたしが弾きたい10番、12番は習うとして、少なくとも4曲✖️3〜6ヶ月。

 

ツェルニー30番は1曲1ヶ月を目指して3年。30番はピアノテクニックの基礎だから、これから色んな曲に挑戦していくのに最低限必要と思ってる。もうひとりの先生は大人ピアノにはツェルニー不要派です。その考えもあり!って思ってます。

 

ピアノには近道はないから、本当に1歩1歩。(もちろんセンスや勘が良い人は飛び級みたいに上達するのだろう。羨ましい✨)

 

ピアノが弾きたくて電子ピアノ買って独学で遊んでいた30代。上の子が中学に入り仕事も始めて、自分のレッスン開始。ブルグミュラー25より優しい教本から始めて、やっとここまで来た。わたしは、積み重ねたものでしか自信を持てないから、頑張るしかない🎵

 

ソナチネアルバム、次は5番や8番って聞いたらそっちが気になって帰宅してから譜読みしちゃった。9番第3楽章に気持ちを戻そう。

 

この数日ちょっと遊びで忙しくしています。お食事会やお茶会、ショッピングは、まだまだ自粛の東京。学校も分散登校、週2〜3の30分3時間授業ですから、普通の生活はまだまだ戻りません。遊びというのは、もちろん「ピアノ」ですよ。

 

次の記事で😊